学園坂出版局のCDショップ

小笠原もずく「ノック」

knock / Mozk OGASAWARA

2021年5月25日発売

1:うたえうたえ   (2:33)             

2:knock    (3:50)           

3:マイ・グランド・メニュウ     (6:42)             

4:don't wanna be your slave   (3:40)             

5:記憶      (3:51)            

6:ひかりとともに    (3:09)            

7:信じてみたい      (3:13)             

8:月とフーガ         (3:22)            

9:わかれみちにて   (3:34)            

10:声        (2:38)                    

total time  40:37         

music & words by Mozk=1,2,5,10

by Tanimo et Minato=3,4,6,7,8,9

参加ミュージシャン:

vo.  小笠原もずく       fl.伊藤寛武

tp.  吉田奈都実         trb. 松田結貴子

as.  高桑悠太郎          ss. 谷藻りすん

kbd&elb.谷森駿          gt.澤和幸

cb.Brent Nussey         dr.港大尋

perc.清水達生・田中教順

horn arrange 伊藤寛武 

mix 水谷勇紀

artwork 中野晃汰   video 空雪 

produce     小笠原工業

copyrights  学園坂出版局

『knock』(2021) GKZG-0003  定価2700円

「本音しか歌わないことにした!」という小笠原もずく&小笠原工業の1stフルアルバム。透明感がありながらもリリックがしっかり伝わってくる存在感丸出しの歌声。ファンクあり、レゲエあり、ソウルフルなバラード、ラテン風、フォークまで、万華鏡のようなグルーヴの嵐。伊藤寛武の絶妙なホーンアレンジ、若きジャズトランペッター吉田奈都実の吠えるようなソロ、R.ロドリゲスを彷彿とさせるトロンボーンの松田結貴子など聞きどころ満載です。打ち込み全盛のこの21世紀にあくまでアナログにこだわったCD作品として静かなブームの予感!コロナ禍の時季に書き下ろされた新作含む、笑いあり、涙ありの刺激的な快作です。小笠原もずくの全身全霊・本気のソウルアルバム、ぜひお買い求めください!

港大尋 ピアノソロ

24 preludes for piano / Ohiro MINATO

発売中!

Disc I                           Disc II

1:C       (2:33)              1:F#        (3:41)

2:Cm    (3:50)              2:F#m     (3:17)

3:Db     (6:42)              3:G          (3:11)

4:C#m  (3:40)              4:Gm       (3:56)

5:D       (3:51)              5:Ab        (3:55)

6:Dm    (3:09)              6:Abm     (2:53)

7:Eb      (3:13)              7: A        (2:36)

8:Ebm   (3:22)              8:Am      (4:40)

9:E        (3:34)             9:Bb        (3:59)

10:Em   (2:38)             10:Bbm    (5:30)

11:F      (3:13)             11:B         (2:14)

12:Fm   (3:14)             12:Bm      (4:45)

total time  43:12           total time 44:50

『24のプレリュード』(2016) GKZG0001~2 定価3500円

港大尋の24の小曲からなるピアノ作品集。ブルースやジャズの要素がふんだんに盛り込まれつつ、アフリカのポリリズムや中東風のメロディ、ラテンアメリカのリズムまで、様々なテクスチュアを実験的に織り込んだ楽曲群です。ところどころにコルトレーンやキース・ジャレットのようなインプロヴィゼーションも。バッハやショパン、ショスタコヴィチらの様式を踏襲していますが、このアルバムをヨーロッパ的なエクリチュールに対するアンチテーゼ=異議申し立てとして捉えることができるかもしれません。20世紀のいわゆる「現代音楽」という単なる一時代のパラダイムから、いまや保守化してしまったかのようにもみえるジャズという枠組みから、ある種の逃走線を引く試みとも言えそう。解説=小野光子 エッセイ=藤原安紀子。

港大尋 ギター弾き語り

a vida de hirahira/ Ohiro MINATO

発売中!

1:ダダ   (3:38)             

2:マトリョーシカと江戸川乱歩  (3:37)           

3:ことばの(広域指定)暴力団     (3:01)             

4:contrAAdictionary   (3:31)             

5:ひらひらの生     (3:19)            

6:w/here    (5:46)            

7:言葉遊びはしないことにしたよ (2:27)         

8:なぞなぞブーレ   (2:15)            

9:タネノウタ   (5:10)            

10:綾を織る        (5:34)                

11:バッサムの手紙        (3:31) 

12:フクロウ野郎のブルース      (4:31)     

total time  45:30         

参加ミュージシャン:

vo. gt. 港大尋      gt.澤和幸

vcl & cb  大村太一郎

artwork:Wataru MURATA 

produce   société contre l'état

special thanks to Naoki FUJIMOTO and Toshikuni DOI.

All music & words are written by Ohiro MINATO except 8,11. Track 8 is from Bach's cello sonata.The words of track 11 are from letters  translated by Toshikuni DOi.

『ひらひらの生』(2014)  OOZE-0069 定価 2750円

荘子の胡蝶の夢から着想を得た「ひらひらの生」、バッハのチェロソナタをアレンジした「なぞなぞブーレ」など、ライミング・言葉遊びを随所に散りばめた、シリアスともユーモラスともつかぬ弾き語りアルバム。ときにアグレッシヴなスカや、ときに甘く切ないボサノヴァ風など、いつもどおりの実験的作風です。澤和幸のミステリアスなギタープレイ、大村太一郎のクレイジーなベースやチェロ、スリリングかつエキサイティング。裁判官に対する痛烈な風刺を歌う「フクロウ野郎のブルース」など、聴きどころ満載の45分間。エッセイ=宇野邦一。

ソシエテコントルレタ 国家に抗する社会

 the wOrld as scOre zerO / Société contre l'état

発売中!

1:0点の世界   (4:29)             

2:どっちにするの?   (2:37)           

3:拝啓シンタロウ     (3:18)             

4:てんとう虫とカボチャサラダ   (4:50)            

5:ぼくはバク (5:01)

6:誰がカギをかけたの?    (3:59)            

7:みんなの昔     (3:21)             

8:ひきこもらないでサルサ     (2:59)            

9:あいつらにきけ!  (3:27)            

10:指図しないで       (4:02)   

11:森のラプソディ        (5:29) 

12:いつもふたたび        (3:22)                  

total time  46:54         

参加ミュージシャン:

vo.gt.key.dr. 港大尋  gt.澤和幸 

elb.cb.vcl. 大村太一郎 

ゲストミュージシャン:

vo.吉野聡留 鈴木彩香 柴山日杏      

fl.亀田奈美子 松村拓海 伊藤寛武

trb.田中宏史 hrn.岡泉名           

dr.清水達生

chorus うみちゃん かずゆきくん こうたくん なるとくん にこちゃん わたるくん

artwork 村田亘    

produce    société contre l'état

copyrights 学園坂出版局

『0点の世界』(2014)  OOZE-0070 定価 2750円

2005年ごろからの約10年間のうちに、港大尋&ソシエテ・コントル・レタが子どもたちと共同作業した際に作られた楽曲の作品集です。表題作「0点の世界」は児童養護施設の学校嫌いな子どもへ向けた曲。「拝啓シンタロウ」や「てんとう虫とかぼちゃサラダ」など、アルバム前半はストレートなロックビートにとんがった言葉が乗せられていきます。後半になるに従いトーンはリリカルに。英・バーミンガムで上演された演劇の劇中歌「指図しないで」、沖縄で上演された「美女と野獣」の劇中歌「森のラプソディ」など、緻密な構成のポップス仕立て。アルバム最後の「いつもふたたび」は、インディアンの死生観に強いインスピレーションを受けた極上のバラード。随所にフルートやブラスが挟み込まれ、ジャンル・国籍不明なサウンドに仕上がっています。学校教育に疑問を感じている方には強力におすすめできる(?)1枚。解説=戸館正史。

港大尋 ギター弾き語り 沢和幸

 Voz e violão / Ohiro MINATO

発売中!

1:スティル ライフ (4:01)             

2:春の匂い   (4:22)           

3:もしも     (3:23)             

4:ため息いくつ   (4:15)             

5:遠くへ行きたい   (3:36)

6:動物園    (2:58)            

7:声の重力を測るとすれば      (3:12)             

8:友よ、どこにいるか        (2:52)            

9:ギター   (3:32)            

10:ラブソングはうたわない        (4:37)   

11:なぞなぞサルサ        (4:57) 

12:日付と記憶        (3:17)                  

total time  45:24         

参加ミュージシャン:

vo.gt. 港大尋     gt.澤和幸

chorus  シャンティ    gt.TEER

artwork スティーヴ   

produce  société contre l'état

copyrights 学園坂出版局

『声とギター』 (2008)  OOZE-0088 定価 2750円

作曲家・ピアニストとしての初期のキャリアを更新し、ギター弾き語りに挑んだ第1弾アルバム。全体的にボサノヴァ色が濃く、またブルースの色合いも感じられます。林光/佐藤信の「動物園」のカヴァーなど含めたオリジナル楽曲が収録されています。アフリカの打楽器であるジャンベのイディオムをギターに持ち込み、独特なバッキングとリリカルなメロディラインをミックス。track4,7ではゲストヴォーカルにシャンティを迎え、彩りが豊かに。澤和幸のサイドギターもキラキラとまばゆい世界。全体的に初々しい出来栄えのアルバム。解説=管啓次郎。

港大尋& ソシエテ・コントル・レタ 関連CD一覧

『若い加藤和彦のように』 TOCT-29142  ザ・フォーククルセイダーズ

『がやがやのうた』 SG-010  がやがや+港大尋+ソシエテ・コントル・レタ→絶版ですが、Youtubeで無料公開しています。

『ありったけのダイナシ』 ATNR-0020  港大尋+ソシエテ・コントル・レタ→ 絶版です。

『パッチギ〜オリジナルサウンドトラック』 COCP-34329 

『届くことのない12通の手紙』 ALCD-9029   通崎睦美 

『風は海の深い溜息から洩れる』 OOZE-0017  ソシエテ・コントル・レタ with 金時鐘→絶版ですが、Youtubeで無料公開しています。